本文へ移動

恵の丘長崎原爆ホーム(別館)

令和2年度 行事の様子②

防災訓練(5月19日)
防災訓練(5月19日)
五月晴れのすがすがしい今日、職員による防災訓練が行われました。新しい生活様式である3密にならないよう注意しながら(画像ではそう見えないかもしれませんが 汗)、基本的な動きを意識しての訓練とあって、職員も緊張の色が隠せませんでしたが、消火栓の放水訓練では持ち手の接続部から水があふれ出して、持ち手の職員が水浸しになるハプニング! これには参加した職員も大笑い。少し緊張が解け、適度に力の抜けた訓練ができました。放送訓練では夜勤帯の実際に避難する利用者や職員の動きをイメージして、適切な言葉を選びながらも消防署とのやりとりや災害本部の立ち上げなど、一人で複数の動きを並行して行う難しい訓練でしたが、職員は訓練を通して、利用者さまを守らなければならないという思いを改めて強く感じたと思います。
TOPへ戻る