本文へ移動

恵の丘長崎原爆ホーム(別館)

令和2年度 行事の様子⑧

二十六聖人を称える祈り(2月5日)
二十六聖人を称える祈り(2月5日)
1597年(慶長元年)2月5日、信仰に殉じ長崎西坂の地で磔の刑に処された26人のカトリック信者は、のちにカトリック教会から聖人の列に加えられ、日本二十六聖人と呼ばれるようになりました。東洋の小さな国である日本に、キリストのために生涯を捧げ、命を捧げ、福音の種をまかれた聖霊に賛美と感謝を祈るカトリック典礼の記念日が今日2月5日、聖堂において二十六聖人のための祈りを開催いたしました。感染対策のため、聖堂に多くの利用者が集まらないように間隔を十分に取り、式の様子は全館放送で各街のテレビでご観覧いただけるようにしました。また、今回は神父様がお越しになれませんでしたので、職員とシスターで式を進めさせていただきました。静かな祈りに包まれた時間、参加した利用者さまと職員は終始手を合わせていらっしゃいました。自由に信仰に生きることができる平和な世の中になるための礎となった先人に思いを馳せ、これからも国籍・階級・年齢・性別などの区別なく、福音のために働くことができるよう祈ります。
TOPへ戻る