本文へ移動

恵の丘長崎原爆ホーム(別館)

令和3年度 行事の様子

聖火ランナー応援(5月7日)
新型コロナウイルスの感染拡大により東京五輪の聖火リレーが無事に開催されるのかを、利用者さまも大変心配しておりましたが、公道の一部使用制限や沿道での応援が制限される中、長崎市でも元気に走る聖火ランナーの姿を楽しむことができました。特にここ原爆ホーム別館には一際今回の聖火リレーを楽しみにされている利用者がいらっしゃいます。平和と核兵器廃絶を願い希望して長崎の地を走る女優の石原さとみさんが「友達」として交流を続けている、本多シズ子さんです。コロナの影響がなければ、実際に沿道で走る姿に直接声をおかけする予定でしたが、今回は残念ながらネット中継を観ながらの応援となりました。物忘れや難聴などの障害も多くの職員の協力を得ながら、精一杯手を叩いて「頑張って」と声を上げ応援する本多さん。コロナが落ち着いて、また再会するその日を楽しみにしています。
TOPへ戻る