本文へ移動

恵の丘長崎原爆ホーム(別館)

令和3年度 行事の様子

夏祭り(7月24日)
梅雨が明け、いよいよ本格的に暑い夏の到来を感じる毎日です。ホームではこの夏を乗り切るため、夏祭りを開催しました。コロナ禍における感染防止対策として、3密を避けたり換気や消毒を徹底しながら、利用者さまも職員も一緒に楽しめるような企画が盛りだくさんです。的に当てて点数を競う射的ゲームでは、的にコロナウイルスの絵が描かれており、皆さまコロナ撃退を願って引き金を引きます。水槽の中の小皿に1円玉が入るように落とすゲームでは、ゆらゆらと動く1円玉の動きに合わせて位置やタイミングを取る利用者さまの真剣な表情が印象的です。じゃんけんゲームはシンプルな分、気分が熱くなる利用者さまも多く、小さな熱戦が繰り広げられました。ゲームの他にもかき氷とベビーカステラ、お好み焼きが振る舞われ、皆さま美味しそうに召し上がっておりました。職員は施設長にジャンケンで勝つとアイスクリームがゲットできるという企画もあり、職員は利用者さまを支援しながらも施設長の姿を見かけて、勝負を挑んでおりました。ゲームに参加し、抽選券をゲットした利用者さまは、夏祭り最後のイベントである大抽選会に挑戦。賞品に当選した方々の笑顔がたくさん見られました。皆さまの元気と笑顔で暑さも吹っ飛び、あっという間の楽しい一日が過ごせました。
TOPへ戻る