本文へ移動

恵の丘長崎原爆ホーム(別館)

令和3年度 行事の様子

家族を想う交流会(10月23日)
毎年恒例の家族交流会が、新型コロナ感染対策のため、去年に引き続き今年も残念ながら開催することができませんでした。9月末より短時間での面会はできるようになりましたが、多くの皆さまをお招きしての行事はまだしばらく控えさせていただいております。今年は家族を想いながら、職員と利用者が楽しく交流しようと、各街で様々な催し物を開催しました。前日までは気温も低く、雨が降るなどはっきりしない天気が続いておりましたが、本日は気持ちの良い秋晴れとなりました。各街の取り組みは別の記事にてご紹介しておりますので、そちらをご覧下さい。また、この日は食事も楽しんでいただこうと、厨房職員が秋の味覚と愛情を詰め込んだ九マス弁当を提供させていただきました。その料理の内容も「別館のお食事」のコーナーで紹介しております。施設内の中庭や3階ホール、2階では多目的ホールだけでなく廊下いっぱいに場所を使って、大きな声や笑顔がたくさん溢れておりました。新型コロナの脅威が収束し、来年こそはご家族と一緒に楽しむ事が出来ることを祈っております。なお、この交流会の様子は広報誌にも掲載し、ご家族(身元引受人様)へお送りする予定となっております。
TOPへ戻る