本文へ移動

恵の丘長崎原爆ホーム(別館)

令和3年度 行事の様子

餅つき(12月18日)
年の瀬が近づき、新年を迎える準備で忙しい季節となりました。朝から晴れ間が見えたこの日、恒例の餅つきを行いました。今年も感染予防に気をつけながら、利用者さまに少しでも元気になって頂こうと、若い職員を中心に気合いの入った掛け声の中、石臼で餅をつきました。利用者さまも職員に支えられながら杵を握り、力一杯餅をつかれたり、できたての餅を丸めながらおいしそうにあん餅を頬張ったり、笑顔で楽しまれておられました。来年はさらに活気ある餅つきで賑わうことができるようにと願っております。
TOPへ戻る